『彼氏がうつ病?』と思ったら!うつ病の症状や接し方を紹介【うつ病カップル】

@5_nd6)です! 私は、躁状態とうつ状態を繰り返す『双極性障害』を患っています。 そして、私の彼氏はうつ病です。 双極性障害(躁うつ病)とうつ病で、うつ病カップルと言うわけですが、なんとかうまく付き合っています(*゚∀゚*) もしも付き合っている彼氏が、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]うつ病かも?[/say] と思ったらあなたはどうしますか? [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]うつ病?気の持ちようだよ[/say] と言いますか? これは絶対NGです。 では、どう対応したらいいのでしょうか? 今回は、『私の彼氏はうつ病?』と思った時の体験談と、うつ病の症状・その後の接し方を紹介します。 『彼氏がうつ病かも?』と思っている彼女さんや、パートナーや自分が『うつ病かもしれない』と言う人に参考にしていただけたら嬉しいです。

私の彼氏はうつ病?【体験談】

私の彼氏であるデラ(tatsuya141free)とは、フェイスブック経由のマッチングサイト『ペアーズ』で出会いました。 彼氏は出会った時に、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]過去に仕事が原因でうつ病と診断されたことがある[/say] と言っていましたが、私自身が双極性障害なのでなんとなく理解はできました。 しかし、過去にうつ病と診断された後、彼氏は病院に行っておらず薬も飲んでいなかったそうです。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]病院に行っても高いお金を払うだけで意味がない[/say] そう言っていましたが、彼の症状は私の症状より重いものでした。

彼氏の体に異変が

付き合った当初、彼氏は働いておらず1ヶ月後くらいにバイトを始めたのですが、帰ってくるとすぐにダウンして寝込んだり、急に足が震えてしまうことがよくありました。 調べると、『足の震えは鬱の症状』と出てきました。 彼氏の足を触ると、全体的に冷たく硬くなっていました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]体が鉛のように重たい[/say] そう言って布団から出られないこともありました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]足がむくんでいるのかな[/say] と彼氏が言って、病院で診てもらい漢方薬をもらって飲んでいましたが、良くなりませんでした。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/07/IMG_4551.jpg" name="内科の先生"]膝の血行が悪いから動かなくなる[/say] と言われたそうですが、私は [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]うつ病が再発したのでは?[/say] と思いました。

彼氏の症状

彼氏は、仕事から帰るとご飯を食べずに布団に入ることが多くありました。 寝ていても、うなされているような声が聞こえてきて、急に [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]ううう・・・・っはーはー[/say] と苦しそうに起きることもありました。 寝起きはとても不機嫌で、話しかけても答えてくれないことがほとんどでした。 休日は [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]疲れが取れない[/say] と言って、ずっと寝たきりでした。 お風呂は全然は入れておらず、一日に何度も下痢になりトイレに頻繁に行っていました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]頭が痛い[/say] 彼氏はよくそう言っていました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]薬を飲んで[/say] と言うと [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]寝たら治るよ[/say] と言われてることが多く、起きても治っていませんでした。 彼氏は薬を飲まないで治そうとするタイプの人でした。 1日のほとんどが布団の中にいるので、一緒にゲームをしたりYouTubeを見て楽しんだりすることができず、 一緒にいるのに [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]一人ぼっちで寂しい[/say] そう感じていました。 仕事の前日や出勤前は特に症状がひどく、体がとても重そうで何をするのにもゆっくりでした。

「病院へ行こう」

彼氏はこんなひどい状態なのに、病院に行っていませんでした。 私は双極性障害で、高校生からメンタルクリニックに通っており、薬で治療をしているので、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]彼氏も病院に行って、話を聞いてもらって薬を飲めば、少しは良くなるのではないか?[/say] と思いました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]病院へ行こう[/say] と言いましたが、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]行かない[/say] と言われてしまいました。 ↓私、福たろがメンタルクリニックに行くまでの経緯を書いた記事はこちら https://deralog.com/thankyou/2792

うつ病彼氏とは幸せになれない?

[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]二人で幸せに暮らすんだよ[/say] とよく言ってくれていましたが、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]寝たきりだし[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]ご飯を作ってもすぐに食べてくれないし[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]病院に行ってうつ病と向き合う気もないし[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]私もつられてしまうし[/say] で、こちらの負担も大きく感じていました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]このままで幸せになれるのかな[/say] そう思い、別れを切り出したことがありましたが、彼氏はすごく落ち込んでしまい [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6049.jpg" name="デラ" from="right"]自分は幸せになってはいけない人間なんだ[/say] と自分を責めて泣いてしまいました。 私は、普段は泣かないのに泣いている彼氏を見て [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]こんな状態だからこそ支えてあげなきゃ[/say] と思いました。 母にも、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3957.jpg" name="福たろ母" from="right"]自分だって助けられているでしょ、支えてあげなきゃ![/say] と言われました。

自分の症状をよく分かっていない彼氏

付き合って1年になる月に、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]バンコクに行ってくる[/say] と急に思いつきでバンコクに行き、仕事がある前日に帰ってきたことがありました。 ↓彼氏がバンコクに行った目的は、プロ奢ラレヤーさんに会うためでした。 https://deralog.com/thankyou/1974   初対面の人に会うために慣れない町に一人で旅に行き、飛行機で人混みの中を帰ってくる・・・・それは疲れるでしょう。 次の日からそのまま1週間以上寝込んでしまいました。 私も出かけると次の日ダウンしてしまうので、疲れてしまう気持ちは分かりました。 でも、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]なんでもっと早く帰ってこなかったんだろう[/say] と思ってしまいました。 その後も、仕事から帰るとダウンしてそのまま寝てしまうことが多く、足の震えは止まらないままでした。 彼氏がそんな状態だから、家事も一人でやっているしご飯も一人でつまらないし、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]自分ばっかり大変[/say] と思ってしまい、いっぱいいっぱいになっていました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]彼氏のうつの症状で自分のメンタルもやられそうになったら、実家に帰ってたこともあった(今もたまにある)[/say]

母に相談

私は、彼氏が自分で [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]うつ病のデラさん[/say] と言っているのに、病院に行かないことに疑問を持ち、私の母に相談しました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3957.jpg" name="福たろ母" from="right"]デラくんを病院に連れて行ったらどう?[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]「病院に行こう」と言ったけど拒否されたよ[/say] 私は、彼氏を無理やり病院に連れて行こうと思い、メンタルクリニックに電話してみましたが、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3958.png" name="メンクリの受付" from="right"]本人に『治したい』という意思がないと診察できません[/say] と言われてしまいました。

二人の幸せのために病院へ

その後、私の母からも彼氏に、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3957.jpg" name="福たろ母" from="right"]福たろが不登校になった時、病院に行って薬を飲んだら良くなった[/say] ということを伝えてもらい、 私も、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]うつ病であることを認めて向き合って欲しい[/say] ということを伝えました。 そして、私は彼氏に [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]二人で幸せに暮らすなら、デラが病院に行ってくれなきゃ始まらない[/say] と言いました。 最初は嫌々な感じでしたが、なんとか納得してくれたので二人で病院に行きました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]説得するのに一年かかった(^_^;)[/say] 病院でもらった薬を飲んだ次の日、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]体は疲れているけど、心が軽くなった![/say] と言っていました。 たかが薬ですがされど薬です。 メンタルクリニックに行き、薬をもらって飲むようになってから、以前よりは起きていられる時間が長くなったので一緒に過ごせれる時間が増えました。 一緒に楽しいことを共有できるようになり、家事も手伝ってくれたりするので、私の心も少し落ち着きました。

うつ病の症状

うつ病の彼氏の体験談を紹介しました。 次に、うつ病の症状にはどのようなものがあるのか具体的に紹介します。

気分が落ち込む

うつ病になると、気分が落ち込むので、あまりしゃべらなくなったり、ネガティブな言葉を吐くようになります。 悲観的になり、死にたいや消えたいと思うこともあります。 私の彼氏は、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]もう自分はだめだあ[/say] と自分を責めてしまうこともあるので、そういう時は、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]そんなことないよ、大丈夫[/say] と言ってあげています。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]私が鬱状態の時もそんな感じで、彼氏に助けられています。[/say]

生活に支障が出る

うつ病になると、食欲がなくなったり、お風呂に入れなくなったりと生活に支障が出るようになります。 また、ストレスで過食してしまうこともあります。 布団に入っても寝つけなかったり、寝たきりで布団から出られなくなったりします。 私の彼氏は、1日にたくさん寝る『過眠タイプ』でした。 私が躁状態の時に、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]寝すぎだよ!![/say] と起こしたことがありましたが、かわいそうなことをしたなと思いました。

体調が崩れる

うつ病になると、体が鉛のように重くなったり、お腹を壊したり、頭が痛くなったり、と体調が崩れるようになります。 『ちょっと体調が悪いだけかな?』と思っても、うつ病が原因で体調が崩れている場合は寝ても良くはなりません。 頭痛薬や下痢止めなどの症状にあった薬を飲んでも体調が治らない場合は、ストレスからきている体調不良かもしれません。

物事への興味がなくなる

うつ病になると、好きだったものに興味がなくなります。 何に対しても興味がなくなるので、面白いものを見てもつまらないと感じたり、好きなことをしても楽しくないと感じてしまうでしょう。

集中力が続かない

うつ病になると、集中力が低下します。 仕事でのミスが目立つようになることもあります。 文字を読んだり書いたりするのが困難になります。 私の彼氏は、ブログを書こうとしてパソコンの前に行きましたが、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_6069.jpg" name="デラ" from="right"]もう無理[/say] と言って、すぐに布団に入りました。

うつ病彼氏への接し方

うつ病の彼氏の症状を紹介しました。 次に、うつ病彼氏への接し方を紹介します。 うつ病の彼氏にどうやって接したら良いかわからない人は参考にしてみてください。

病院に一緒に行く

『彼氏がうつ病?』と思ったら、精神科のある病院やメンタルクリニックに行きましょう。 本人の意思がないと受け入れてくれない病院もあるので、必ず本人が行く気になってから一緒に病院に行ってください

優しくする

『彼氏がうつ病?』と思ったら、優しく接してください。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]大丈夫?[/say] と何度も言って心配しすぎたり、気を遣いすぎるとお互い疲れてしまうので注意してください。 いつも通りの感じで優しくするのがポイントです。 怒鳴ったり責めるような言い方は、うつ病彼氏を追い込んでしまうので絶対ダメです。 「〇〇してよ!」や「〇〇するって言ったじゃん!」と出来ていないことなどを指摘する言い方も、言い過ぎると参ってしまうので言わないであげてください。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]躁状態の時、よく責めるような言い方をしてしまったな・・[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]今もたまにあるよね[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]気をつけます(^_^;)[/say]

そっとしておく

『彼氏がうつ病?』と思ったら、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]励ましてあげよう![/say] とあれこれしたくなるかもしれません。 しかし、人と関わらずゆっくりできる環境の方が休まるので、そっとしておくのが一番です。 寝ている時は何も言わずに寝かせて、自分の時間を楽しむようにしましょう。 ちょっと元気になって動けるようになっても、口出しせずにそっとしておいてあげましょう。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]質問攻めはしんどいから辞めてね[/say]

先の話をしない

『彼氏がうつ病?』と思ったら、仕事や結婚などの先の話をしないように気をつけてください。 病気と向き合っている最中に、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]仕事はどうするの?[/say] と言うのは辞めてください。 心を休めるべきなのに、仕事や結婚の話をされると追い込まれて苦しくなってしまいます

「支えるからね」と伝える

『彼氏がうつ病?』と思ったら、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]支えるからね[/say] と伝えてください。 彼氏の家族にうつ病を理解されていない場合、孤独感を感じてとても苦しいと思います。 そんな中、彼女に [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]支えるからね!一緒に良くしていこう![/say] と言われると安心するでしょう。 支えてくれる人がいるのは、とても心強いです。 私の彼氏は、以前うつ病になった時に両親があまり理解をしてくれていなかったようで、私しかうつ病を理解してあげられる人がいませんでした。 [alert title="注意"] やってはいけないのは、別れ話を切り出すことです。 本当に別れたくない限り、別れ話はしないでください。 うつ病彼氏の心はデリケートです。 [/alert] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4226.jpg" name="彼氏"]どうせ自分なんか・・・[/say] となり、本当に別れることになってしまうかもしれません。

うつ病彼氏に言ってはいけない言葉

うつ病彼氏の接し方がわかったところで、次にうつ病彼氏に言ってはいけない言葉を紹介します。 「言ってしまってるかも?」 と思うことがあったら、言うのをやめてあげて下さい。

「頑張って」

[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]頑張って[/say] と言われると、プレッシャーを感じてしまいます。 頑張っているのに言われると萎えます。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]「無理しないで」とかならいいかも[/say]

「気の持ちようだよ」

[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]気の持ちようだよ[/say] と言う言葉は、精神疾患を患ったことがない人がよく言うセリフでしょう。 気の持ちようだったらこんなに沈んでいないし、うつ病になってはいないでしょう。 気の持ちようでなんとかなる問題ではないので、言わないでください。

「甘えないで」

うつ病は、側から見たら甘えに見えるかもしれません。 しかし、甘えているわけではないのです。 体が思うように動かないのです。 甘えているわけではなく、体が思うように動かないのに [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]甘えないで[/say] と言われると、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4226.jpg" name="彼氏"]責められている[/say] と感じてしまい、嫌になってしまいます。

「いつ治るの?」

治したいと一番思っているのは、本人かもしれないのに [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4179.jpg" name="彼女" from="right"]いつ治るの?[/say] なんて言われると、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_4226.jpg" name="彼氏"]早く治さなきゃ[/say] と焦ってしまうので言わないでください。 うつ病は「心の風邪」と言われており、治るには治るようですが、環境やストレスにより再発する可能性もあります。 また、長引くこともあるので彼氏がうつ病になったら、うつ病と向き合って付き合うようにしましょう。 当事者は、うつ病ということを恥ずかしがらず『うつ病=個性』だと思うようにしてみましょう。

うつ病彼氏と向き合って幸せに

今回、私の『彼氏がうつ病かも?』と思った時の出来事と、うつ病の症状と接し方を紹介しました。 『彼氏がうつ病かも?』と思ったら、放置しないで二人で病気と向き合うようにしてください。 誰だって自分が病気だと思いたくないと思います。 でも、うつ病彼氏と仲良く幸せにやっていきたいのなら、一緒にうつ病と向き合って付き合うことが大切です。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]紹介した接し方を参考に、うつ病彼氏の支えになってあげてね![/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]うつ病と向き合おう![/say]]]>