【体験談】精神保健福祉さんに相談してみた!失業保険が終わった後の活動を紹介

@5_nd6)です! 私は双極性障害を患っていますが、今までの仕事は全部クローズ(障害を明かさない)で働いていました。 そのため、職場の人と意見や相性が合わずぶつかったりみんなはできるのに自分だけできなかったりすることにいつも悩まされ、どの職場でも長く続けることができませんでした。 そして1年程前、唯一3年間勤めることができた一般の仕事を退職しました。 その後失業保険をもらいつつ、在宅ワークをしながら両立できそうな仕事を探していましたが、仕事が見つからないまま失業保険が終わってしまいました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]この後どうしよう[/say]   と困っていた時に、精神保健福祉士さんに出会って、自分らしい働き方への第一歩が踏み出せたのでその時のことをお話しします。 今回は、失業保険が終わった後の活動と精神保健福祉士さんに相談した体験談を紹介します。 ↓こんな人に参考にして欲しいです。

  • 障害があり、働く意思はあるが働き方に迷っている人
  • 障害があり、働く意思はあるが人との関わりや生活リズムに自信がない人
  • 障害があり、失業保険が終わった後どうしたらいいのか分からない人
手帳の有無は関係なく、障害がある方に向けて書いています。

失業保険が終わった後の活動

仕事が見つからずに失業保険を終わった時、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_5781.jpg" name="男性" from="right"]この後どうしたらいいんだろう[/say] と思う人も多いと思います。 失業保険が終わる前や終わった後の活動について、私の体験談をもとにお話しします。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]参考にしてみてね[/say]

障害者職業センターを勧められた

※これだけ失業保険が終わる前の話です。 失業保険が残りわずかとなった時、メンタルクリニックの先生に [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0795.jpg" name="メンクリの先生" from="right"]障害者職業センターに行ってみたら?[/say] と言われました。 調べてみると、自分に合った働き方についてカウンセリングしてくれることが分かり、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]これは良さそう[/say] と思い、予約制だったので電話をしてみました。 しかし、電話を受けてくれた人に生活リズムについて聞かれ [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]昼夜逆転しちゃってます[/say] と答えると、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0825.jpg" name="電話受付の人" from="right"]生活リズムが整っていてすぐに就職できる状態ではないと、カウンセリングを受けることはできません[/say] と言われてしまいました。 その時の私は、生活リズムが崩れて昼夜逆転していたので、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]まずは生活リズムをなんとかしないと[/say] と思い、生活リズムを見直しました。 しかし、次の日の予定や目的がないと早く寝ることができない私は、次の日のまた次の日も予定がないので、早寝早起きを実行してもすぐに昼夜逆転生活に戻ってしまいました。

就労継続支援A型を勧められた

その後ハローワークに行き、障害者枠の相談員さんに障害者職業センターで断られた話をすると、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0816.jpg" name="相談員1" from="right"]就労継続支援A型はどう?[/say] と勧められました。 ですが、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0816.jpg" name="相談員1" from="right"]就労継続支援A型は最終的に週5で行けるようにしなければいけない[/say] と言われたので [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"](正社員の働き方みたいで自分が求めている働き方ではないな)[/say] と感じてしまい、見学に行く前に諦めてしまいました。

精神保健福祉士さんに相談することを勧められた

そうこうしているうちに、失業保険の最終日がきてしまいました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]仕事も決まっていないし生活リズムもまだ崩れているし・・・これからどうしよう[/say] と考えていた時、 障害者枠の他の相談員さんに [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0824.jpg" name="相談員2" from="right"]これからは精神保健福祉士さんに相談してみたら?[/say] と言われました。 そして、精神保健福祉士さんに相談することにしました。 [memo title="精神保健福祉士とは?"] 精神保健福祉士とは、心の病を抱えた人が生活や仕事がしやすいように手助けをしてくれる国家資格の仕事です。 [/memo]

精神保健福祉士さんに相談

後日、私は精神保健福祉士さんに相談をしにハローワークに行きました。 精神保健福祉士さんに、今までの職業や双極性障害になったきっかけなどを色々聞かれて答えた後、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0787.jpg" name="精神保健福祉士" from="right"]福たろさんは今後どんな働き方をしたいの?[/say] と言われました。 私は、
  • 在宅やブログをやりながらできる仕事がしたい
  • 就活をして、もし今より良い条件の在宅があればそちらをやりたい
  • 生活リズムを整えたい(朝早く起きられるようになりたい)
など、思っていることを伝えました。 失業保険をもらっている時は、仕事を探しているけどなんとなく自分に自信がない状態でした。 ですが、精神保健福祉士さんと話をして、今までの私は職場の人との関わり方によく悩んでいたことに気づきました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3954.jpg" name="福たろ"]自分に自信がない部分がはっきりした![/say] 職場の人とうまく関わる方法も知りたいと思い、
  • 人に慣れたい
  • 職場での人との上手な関わり方を学びたい
ということも伝えました。 そして、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/12/IMG_0787.jpg" name="精神保健福祉士" from="right"]障害福祉サービスを利用するのもいいかもね[/say] と言われました。 [memo title="障害福祉サービスとは?"] 障害福祉サービスとは、精神や身体に障害がある人や難病の人を対象に支援するサービスのこと。 自立訓練や介護などの支援を原則1割負担で受けることができる。 前年の収入などにより負担額の上限が出ることもある。 [/memo] それから何度かハローワークに通って精神保健福祉士さんに相談し、就労移行支援と就労継続支援A型・B型に見学に行ってみることにしました。 見学に行ってきた話は、また後日書きます。 こんな人は精神保健福祉士さんに相談してみよう
  • 自分の働き方に迷っている人
  • 自分の今後の生活に悩んでいる人
  • 働きたいけど自分に自信がない人

困ったら精神保健福祉士さんに相談してみよう

今回は、精神保健福祉士さんに相談したお話を紹介しました。 心の病を抱えている方で、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_5789.jpg" name="女性" from="right"]自分らしい働き方をしたいけど自信がない[/say] という人は、精神保健福祉士さんに一度相談してみてください。  ]]>