歯列矯正はすぐにはできない!大事な行事に間に合わせたいなら早めに初診に行こう

@5_nd6)です! 結婚式や成人式などの大事な行事の写真には、どの角度から見ても素敵な表情で写っていたいですよね。 歯並びがコンプレックスで写真を撮られるのが嫌いな人は、写真を撮る機会のある結婚式や成人式までに間に合うように数ヶ月前から歯列矯正をしようと考えることがあると思います。 ですが、大事な行事までに数ヶ月あっても、初診から装置を入れるまでの期間が長くて大事な行事までに間に合わない事があります。 今回は、「歯列矯正をしたい」と思ってもすぐにはできない理由と私の体験談を紹介します。

歯列矯正はすぐにはできない!

私が最初に「歯列矯正をしたい」と思ったのは、昨年の6月でした。 その時は金銭面や精神面で不安があったので、すぐに矯正を始める事ができませんでした。 ですが、その後結婚式の話も出てきて [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/02/IMG_2165.jpg" name="福たろ"]写真を撮るならすぐに歯列矯正したい![/say] と思い、その年の12月に歯科医院に行きました。 私はすぐに歯列矯正をしてもらう覚悟でいました。 しかし、初診を受けた後「歯列矯正をしたい」と思ってもすぐにはできないことを知りました。 すぐにはできないのには理由があったので体験談と共に紹介します。

「歯列矯正をしたい」と思ってもすぐにはできない理由

「歯列矯正したい」 と思っても、歯科医院に行ってすぐに装置を入れて歯列矯正をスタートできるわけではありません。 なぜなら! 歯列矯正をするまでに、やることがたくさんあるからです。   流れとしては、
  1. 初診
  2. 型取りやレントゲンなどの検査(3〜5万)
  3. 検査の結果
  4. 唾液検査
  5. 唾液検査の結果
  6. 歯磨き指導
になります。 この1〜6の間は1〜2週間単位で通院することになるので、2〜3ヶ月では矯正装置をつけることは難しいと思います。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]病院や矯正器具によってやる事が違うかもしれないので、必ず確認してみてね![/say] そして、この歯列矯正前の期間もお金がかかるので、装置代とは別に通院費をあらかじめ用意しておく必要があります。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/02/IMG_2112.jpg" name="福たろ"]通院1回につき5000円程度だったから、かなりの出費(T ^ T)[/say] 結婚式や成人式など、大事な行事に間に合うように歯列矯正をしたい場合は早めに初診に行くことをお勧めします。 歯磨き指導をしてもらった後は、2週間に1度くらいのペースで通院して磨き残しがないかチェックをしてもらいます。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]私私の通っている歯科医院では、磨き残し率が10%以下でないと装置を入れてもらえないみたい![/say] 矯正装置を入れると歯磨きがしずらくなって磨き残しが多くなり、虫歯になるリスクが高くなるそうです。 そのため、歯磨きで磨き残しが少なくなるようにしなければいけないそうです。 私の場合、歯磨きの時に
  • 歯ブラシ
  • ワンタフトブラシ
  • リステリン
  • フロス
を使っているのですが、それでも20%の磨き残しがありました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]磨き残しがないように頑張るぞ![/say]   追記:装置をつける前に、装置をつけるための隙間を作ったり器具を奥歯を入れたり、親知らずがある人は親知らずを抜いたりしなくてはいけないので、+1ヶ月くらいはかかります。

福たろの場合

私が矯正をしたいと思ったきっかけは、
[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/07/IMG_4567.jpg" name="かかりつけの歯科医" from="right"]奥歯がないから顎関節に負担がかかって将来顎関節症になる[/say]
と言われたことと、
彼氏との結婚の話が出てきて、
[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_1347.jpg" name="福たろ"]一生に一度の大切な写真、どうせ撮るなら綺麗な歯並びで撮りたい[/say] と思ったことと、
他の方の歯列矯正の体験談に
『3ヶ月で歯並びが変わってきた』
と書いてあり、
[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_1347.jpg" name="福たろ"]ちょっとでも変わっておきたい[/say]
と思ったからでした。※
とりあえず3ヶ月だけ装置をつけて、結婚式の日はワイヤーだけとってブラケットがついた状態で写真をとるつもりでいました。
[say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/02/IMG_2112.jpg" name="福たろ"]母や彼氏、プランナーさんには「中途半端」と言われたよ(汗[/say] ※その後、私の場合は検査結果で見た目よりも機能的な面で大きな問題があることが分かりました。 ↓検査結果についてはこちら https://deralog.com/thankyou/6467 結婚の話が出た時、写真だけの結婚式しか考えていませんでしたが、 後から [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_1347.jpg" name="福たろ"]おじいちゃんやおばあちゃんが自分の足で歩けるうちに・・・[/say] [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/11/IMG_5722.jpg" name="デラ" from="right"]親のために・・・[/say] と思い、二人で相談して結婚式をすることにしました。 親に結婚式のことを聞いたときに、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/05/IMG_3957.jpg" name="福たろ母" from="right"]私は先に式場を抑えておいたよ[/say] と言われたのと、 結婚体験談などを見たときに、 『良い日にちはすぐに埋まってしまうので、先に式場を抑えておく』 と書いてあったので、 焦って結婚式を先に決めてしまったのがミスだったかもしれません。 写真だけの結婚式にしても結婚式をするにしても、今の出っ歯の状態で写真を取られるのが嫌だったので、 先生に [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]結婚式があるので早めに装置を入れたいのですが、いつから矯正を始められますか?[/say] と聞くと、 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_1717.jpg" name="先生" from="right"]早くて2ヶ月後かな[/say] と言われました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2018/10/IMG_6047.jpg" name="福たろ"]私はすぐにできると思って行ったので「すぐにできない」と知って悲しかった[/say] 結婚式の1ヶ月前で、さらに先生に [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/01/IMG_1717.jpg" name="先生" from="right"]1ヶ月前からやってもそんなに変わらない[/say] と言われたので、 結婚式前にやるのは諦めることにしました。 [say img="https://deralog.com/wp-content/uploads/2019/02/IMG_2112.jpg" name="福たろ"]なんかわい、人の意見に左右されすぎなような・・・w[/say]

「歯列矯正したい」と思ったら早めに初診に行こう

今回は、「歯列矯正をしたい」と思ってもすぐにはできない理由と私の体験談を紹介しました。 結婚や成人式など大事な行事までに間に合わせたい場合は、余裕を持って初診に行くことをおすすめします。 私のように、 「結婚式までに間に合わせたかったの歯列矯正をスタートできなかった(T ^ T)」 という人が出ないことを祈っています。
]]>